虫歯治療

こんな症状はございませんか?

  • 歯が痛い、しみる
  • 歯に茶色い箇所や、白く濁っている箇所がある
  • 歯に黒い箇所がある
  • 穴が開いている歯がある

虫歯について

虫歯とは、お口の中の虫歯菌が糖質から作った酸により、歯が溶かされてしまう病気です。初期段階にはほとんど自覚症状がなく、痛みやしみなどの症状をお感じになってご来院された時には、すでに症状が進行していたということも珍しくありません。さらに症状が進行すると、最悪の場合、抜歯しなければいけなくなることもあります。虫歯はそのまま放置していても治ることはありませんので、少しでも「おかしいな?」とお感じになった時には、すぐに当院で治療を受けられるようにしてください。

虫歯の症状レベル

虫歯の症状レベルはCO~C4の5段階に分けられます。

CO

歯のエナメル質の表面が虫歯菌の酸により浅く溶けた状態です。痛みやしみなどの自覚症状はほとんどありません。この段階であれば、ブラッシング指導などで、経過を観察します。

C1

歯のエナメル質が浸食されている状態です。歯に小さく黒ずんだ孔を確認することができますが、痛みやしみなどの自覚症状はありません。この段階であれば、虫歯部分を削除し修復材を詰めるといった、比較的簡単な方法で治療が可能なので、早期発見のためにも診察を受けることをおすすめします。

C2

歯の象牙質にまで虫歯が進行している状態です。この段階になると、虫歯部分を削除し、修復材を詰めるなどの治療が必要になります。「冷たい物を口にした時に歯がしみる」、「噛んだ際に痛みを感じる」などの自覚症状が現れはじめますが、ゆっくりと進行する慢性的な虫歯の場合などは痛みを感じないこともあります。

C3

歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行している状態で、この段階になると根管治療により歯髄を除去しなければなりません。歯髄が炎症を起こし、激しい痛みなどの症状が現れたり、痛みを感じない場合もありますが、放っておくと、さらに症状が進行し、歯髄が壊死してしまいます。

C4

目に見える部分の歯がほとんど浸食され、歯根だけになった状態です。歯髄が壊死し、一時的に痛みがなくなることもありますが、膿が溜まるなど、激しい痛みをともなう場合があります。この段階にまで至ると、歯を残すことは困難となり、抜歯が必要となります。

基本に忠実に丁寧に虫歯を治療します

歯科医院にお越しになる方の多くが、虫歯の治療を受けられます。つまり、虫歯治療は歯科医院の基本的な治療であるという風にも言えます。また、虫歯は歯を失う原因の第2位であるとされており(第1位は歯周病)、患者様の天然歯の生涯維持のためにも重要な治療です。そのため当院では、決して妥協することなく、患者様の歯をお守りするために、そして患者様にご満足頂けるように、「基本に忠実に丁寧に」虫歯治療を行います。