歯周病治療

こんな症状はございませんか?

  • ブラッシング時に歯茎から血が出る
  • 歯茎が赤く腫れている
  • 歯がグラグラと動く
  • 硬いものが噛みにくい
  • 口臭が気になる
  • 以前よりも歯が長くなった気がする(歯茎が下がっている)
  • 口の中がネバネバする

歯周病について

歯周病とは、歯と歯茎の間に溜まった歯垢(プラーク)内の歯周病菌に感染することで発生する病気です。初期段階には痛みやしみなどの自覚症状がないことから、「サイレントキラー」とも呼ばれています。また、歯周病は一度かかると完治することはなく、症状が進行すると歯を失う結果にもつながります。現在、歯周病は「歯を失う一番の原因」であると言われています。そのほか、歯周病は糖尿病や心疾患など全身に対しても影響をおよぼすことがわかっていますので、歯の健康を守るためにも、そしてお体の健康を守るためにも、少しでも症状をお感じになった時には、すぐに当院にて治療を受けられるようにしてください。

歯周病の進行

歯周病は大きく分けて、「歯肉炎」「歯周炎」の順に進行していきます。症状が進行し重症となると、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯肉炎

歯と歯茎の間に歯石や歯垢(プラーク)が溜まり、歯茎が炎症を起こして赤く腫れます。また、ブラッシング時に出血することがあります。

軽度歯周炎

歯茎の腫れが大きくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入し、歯槽骨や歯根膜が破壊され始めます。また、歯茎と歯の間の歯周ポケットが深くなり、そこから出血したり膿が出たりすることで口臭が現れる場合があります。

中度歯周炎

歯茎の炎症がさらに拡大し、歯の周りの骨が溶け始めます。歯周ポケットはさらに深くなり、歯がグラグラと動くなどの自覚症状を感じるようになります。

重度歯周炎

歯茎の炎症がさらに拡大し、歯を支える骨(歯槽骨)が半分以上破壊された状態です。歯のぐらつきがひどくなり、痛みのために食事がとれなくなるなどの症状が現れます。

歯周病が全身におよぼす影響

近年の研究により、歯周病は全身の健康にも様々な影響をおよぼすことがわかっています。歯周病にかかっている人は、そうでない人と比べて心疾患を発症するリスクが高いと言われており、さらに歯周病は「糖尿病の合併症」であると考えられています。そのほか、寝たきりや高齢により抵抗力が低下していると、お口の中で大量の歯周病菌が発生し、誤嚥性肺炎を発症するリスクが高いとも言われています。さらには早産や低体重児の原因となることもわかっています。

歯周病は「早期発見・早期治療」が大切です

歯周病は「サイレントキラー」とも呼ばれており、初期段階には自覚症状が極めて少ない病気です。そのため歯周病予防・症状抑制のためには、歯科医院での定期的なメンテナンスでもって「早期発見・早期治療」をはかることが大切です。定期的なメンテナンスによってお口の中の歯垢(プラーク)をきれいに除去することにより、高い確率で歯周病を予防することができるようになりますし、効果的に症状を抑制することができるようにもなります。また歯科医院のメンテナンスだけでなく、ご自宅でのブラッシングなどのケアも効果的です。そのため当院では、お口の中の清掃だけでなく、ブラッシング指導なども行うことで歯周病予防・症状抑制をはかり、患者様の歯をしっかりとお守りします。