小児歯科

こんなことでお悩みであれば、一度ご相談ください

  • お子様の歯を虫歯から守りたい
  • 毎日歯を磨かせているのに、すぐに虫歯になる
  • お子様の仕上げ磨きが上手くできない
  • お子様を、将来歯医者嫌いにさせたくない

小児歯科について

お子様が虫歯になる原因は、正しくブラッシングが行えていない、ブラッシングの習慣が身に付いていない、食事時間や間食などの生活習慣上の問題など様々です。当院の小児歯科では、そうした「虫歯になる原因」を特定し、どうすれば虫歯を予防することができるのかを保護者の方はもちろん、お子様にもわかりやすくご説明し、効果的に虫歯予防をはかります。 また保護者の方の中には、「乳歯はいずれ永久歯に生え変わるから虫歯になっても大丈夫」とお考えになっている方もいらっしゃるかもしれませんが、乳歯の時に虫歯になるお子様は、永久歯に生え変わっても高い確率で虫歯になる傾向にあります。また、永久歯の歯並びにも影響する事もあります。お子様が虫歯になった時は決してそのままにせずに、すぐに当院で治療を受けさせてあげるようにしてください。

当院の虫歯予防

フッ素塗布

高濃度のフッ素を塗布し、歯の表面を強くして歯を溶かす酸への抵抗力を高めます。特に生えたての乳歯、生えたての永久歯に対して高い虫歯予防効果を発揮します。1年に2~4回程度塗布することで、より高い予防効果が得られるとされています。

キシリトール

虫歯菌の数を減少させて、歯を溶かす酸の生成を抑制する効果があるキシリトールを使用することで、虫歯の発生を抑えます。

ブラッシング指導

お子様一人ひとりの歯の状態に合わせて、適切なブラッシング方法や、ブラシの選び方、フロスの使い方などをご指導し、虫歯予防をはかります。

食生活の指導

お菓子やジュースなど、糖質を多く含む食品の摂取回数やタイミングなどをご指導します。虫歯予防には栄養バランスのとれた食事を規則正しくとることが大切です。食生活が乱れていては、いくら毎日歯を磨いていても効果的に虫歯を予防することができない場合があります。

定期的なメンテナンス

虫歯の早期発見、また予防にためにも、年に2~3回程度メンテナンスを受けられることをおすすめします。

どんな小さな虫歯も見逃しません

乳歯は大人の歯と比べて色が白く、虫歯の透け方も違うので、お子様の歯の治療に慣れていないと、うっかり見落としてしまう場合もあります。ですが、当院はこれまで多くのお子様の歯を見てきた経験から、乳歯と大人の歯の虫歯の見え方の違いに精通しております。どんな小さな虫歯も見落とさず、お子様の歯を治療するよう努力しています。

大切なお子様の歯を守るために、保護者の方にお伝えしたいこと

「この子にはまだ、虫歯の治療は無理」

そうお考えになって、虫歯のお子様を歯科医院に連れて来ることをためらう保護者の方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。ちゃんと適切な手順を踏んで「歯科医院に慣らしてあげながら」治療を進めれば、子供であっても治療を受けさせてあげることは可能です。子供は、保護者の方が考えているよりも頑張れるものなのです。ですので、お子様の歯を病気から守るためにも、お子様のことを信頼してあげて、一度歯科医院に連れて来てあげるようにしてください。
ただし、なかにはどうしても治療を行うことが難しいお子様もいらっしゃいます。その場合には、3ヶ月~半年程度期間を空けることで、治療が受けられるようになることもあります。お子様を将来「歯医者嫌い」にしないためにも、状況に応じて柔軟に治療を行うように心がけております。